So-net無料ブログ作成

母との別れ [母の事]

ご無沙汰しております

最近急に秋めいてきて、朝晩は涼しく過ごしやすくなりました

3パグたちも毎日元気に過ごしています





3パグをとてもかわいがってくれていた私の最愛の母が先日天国に旅立ちました





6月中旬、病院で受けた突然の末期がん宣告に母も私もショックを隠し切れませ

んでした

その時先生に言われた言葉は余命一か月

母にはとても言えませんでしたが、余りにも短すぎる残された日々をどう過ごした

らいいのか本当に悩みました



最終的には入院したくない、最後まで家にいたいという母の願いを叶えて

あげたいと思い、それからはずっと実家に寝泊まりして母の看病に専念して

まいりました



夫は毎朝3パグを連れて実家に来てくれて、朝ごはんをみんなで食べて出勤

夕方はまた実家に帰ってきて、みんなで食卓を囲み、夜3パグを連れて帰る

そんな忙しい毎日でしたが、全力で協力してくれました



トイレに手すりを付けてくれたり、足が動かなくなった母が少しでも負担なく

過ごせるようにいろいろ工夫して道具を作ってくれました



しかし、痛みや苦しみは次から次に出てきて治まることはありませんでした

一つが解決するとまた次といった具合に病はこれでもかと母を苦しめました

通院し先生と相談しながら治療を続けてきましたが、最後は呼吸困難に陥り

泣く泣く入院することになりました



入院してから亡くなるまでの6日間

遠方に住んでいる兄は新幹線通勤をしながら毎日病院に通ってくれて、義姉さん

甥っ子も何度も車で駆けつけてくれました



父が無くなってから10年の間、ずっとひとり暮らしで寂しい思いをしていた母

ですが、最後はみんなに見守られながら静かに息を引き取りました






母と過ごした2か月間は私にとってとても充実した時間でした

母のために私が最後にしてあげられる精一杯のことができたと思います

何か一つしてあげるたびに「ありがとう」という感謝の言葉を口にしていた母

その言葉を聞くとたびに、つらくても苦しくても不安でも感謝の言葉を忘れない

母の強さとやさしさを感じました



私のほうこそ、看病させてくれてありがとう

この2か月間は私にとってはとても大切な宝物のような時間でした

一緒に過ごした日々を忘れずに、これからも夫とラモン、チャオ、サンペイと仲良く

暮らしていきたいと思っています


天国にいるお父さんとアイちゃんとのんびりゆっくり過ごしてください

アイちゃんはきっとゴロンしてお腹を出していると思うから、さすってあげてね



おかあさん、長い間本当にありがとう

そしてお疲れ様でした






おばあちゃんっこだったラモたんがお母さんのことを探しているよ

おばあちゃんはおじいちゃんとアイちゃんのいる天国に旅立ったよと伝えました





IMG_1353.JPG

おばあちゃん、ありがとう




nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。